ED治療薬を宅配便で受け取る方法と開発費

宅配に使うダンボール勃起が正常でなくなってしまうEDは、バイアグラやレビトラなどの薬を用いることで、治療することが可能です。根本原因を取り除くことは出来ませんが、薬を服用するだけで勃起できる状態になるため、性生活に満足感を得られるようになります。
日本においてはED治療薬の一般販売が許可されていませんので、病院で処方してもらう必要があります。ところが、宅配便で治療薬を入手する方法も用意されています。
宅配便で受け取れるのは、薬の個人輸入代行サービスを通じて注文した場合です。個人輸入代行サービスはサイトを公開しており、通販感覚で日本からでも取り寄せることが出来るようになっています。宅配便で送られてくるのは海外発送のものです。日本国内から送られてくるものではない点に注意してください。海外発送ですからやや日数がかかります。発送国はシンガポールや香港が主で、3日から7日くらいで配達してくれるパターンが多くなっています。
個人輸入代行サービスからは正規品を入手することができますが、日本の病院で処方されていないジェネリック医薬品の購入も出来るようになっています。殆どがインドの製薬会社が製造販売しているものです。インド製のジェネリック医薬品はとても価格が安いことで知られており、世界中の人が買い求めています。
価格が安いのはインドの通貨価値が低いことや人件費の安さなどが関係しますが、ジェネリック医薬品は後発医薬品に該当しますので、莫大な開発費が不要であるのも大きく影響しています。バイアグラやレビトラなどの先発医薬品には開発費が含まれることから、高額な価格がつけられている上に、ED治療は保険適用にならないため、治療費の自己負担が大きくなるのが欠点です。