ED薬は分割使用は可能?

地下鉄で眠っている男性ED治療薬は、全身の血流を良くして勃起に必要な血流を増やす効果があります。専門的には、PDE5(ホスホジエステラーゼの5型)という酵素の働きを抑えることで、cGMP(サイクリックグアノシン一リン酸)という物質が壊されるのを防ぐ作用があります。cGMPは一酸化窒素(NO)を介してペニスの海綿体の平滑筋を緩める作用があるので、これが壊されないようにすればペニスへの血液が流れやすくなるというわけです。
ED治療薬は粉を固めた錠剤です。そのため、手やカッターで分割して使うことが可能です。カプセル型の薬は作用時間がカプセルの溶け方によって決められているので分割したり、内容物を取り出して飲むことはできません。しかし、錠剤であればそれが出来ます。
分割の方法については、手で割ると粉々になってしまうので、専用のピルカッターを使って割ったほうがいいでしょう。分割して使用することで1回あたりにかかる薬の費用を抑えることができます。
ED治療薬は内科や泌尿器科などでも処方してもらえますが、きちんと治療したいのであれば専門病院を受診したほうがいいです。専門病院のメリットは、医師や看護師、受付スタッフなどが全て男性で患者に対して考慮されていることです。女性に見られるのは恥ずかしいという人でも、男性だけであれば受診しやすいでしょう。
また、専門病院なので内科的な疾患だけではなく、精神的な疾患が原因の心因性EDの治療にも対応してもらえる可能性が高いです。
基本的には初診で体温や血圧、血液などの基本的な検査を行い、問診を受けて薬を使うのに問題がないようであれば治療薬を処方されて終わりというケースが多いです。時間も検査~処方までで30分くらいで終わります。